ritoufan(離島ファン)

【写真で見る沖縄の12ヶ月】各月の気候や楽しみ方を、旅行者視点でお届けします【7〜12月編】
> 島の話題

【写真で見る沖縄の12ヶ月】各月の気候や楽しみ方を、旅行者視点でお届けします【7〜12月編】

前回の【写真で見る沖縄の12ヶ月】1〜6月編に続き、7月〜12月までの沖縄の気候と楽しみ方をご紹介します。

沖縄の7月〜12月(旅行者視点)

  1. 夏真っ盛りの7月
  2. 天の川が見頃の8月
  3. 沖縄ではまだまだ夏の9月
  4. 残暑の10月
  5. 秋めいてくる11月
  6. 日差しがやわらかい12月

夏真っ盛りの7月

2019年7月の那覇の気温データ℃
平均最高気温31.5平均最低気温26.8
最高気温33.9(7月29日)最低気温24.1(7月5日・6日)
夕陽を見に集まった人々 2013年7月
夕陽を見に集まった人々 2013年7月

盛夏です! さすような強い日差しと、青い海、白い砂浜。昼間に浜辺へ行くと、まぶしくて目が開けられないほど。梅雨明け後の沖縄は連日強い紫外線が降り注ぎ、油断すると焦げるどころか診療所送りになります。外出時は帽子をかぶり、なるべく肌の露出を避けましょう。日光に当たる部分は日焼け止めを塗ってください。

海で遊ぶなら、やはり朝か夕方がいいでしょう。7月の那覇の日没時刻はおおむね19時20分前後。「夕方から海で遊ぶ→そのまま夕陽を見て帰る」というパターンがオススメです。

夜に咲くサガリバナ 2012年7月
夜に咲くサガリバナ 2012年7月

平均最低気温は25度を超え、寝苦しい夜が続きます。熱帯夜に彩りを添えるのはサガリバナ。夜に咲き、翌朝には落ちてしまう花です。西表島の早朝出発の鑑賞ツアーがよく知られています。

天の川が見頃の8月

2019年8月の那覇の気温データ℃
平均最高気温31.8平均最低気温27.3
最高気温33.3(8月29日)最低気温24.9(8月2日)
月が明るすぎて天の川は見えない 2014年8月
月が明るすぎて天の川は見えない 2014年8月

伝統的七夕が重なる8月は、星、特に天の川が見頃です。天の川は離島のように空の暗い場所なら一年中見ることができますが、「天の川のいちばん濃い部分(銀河の中心方向)」が「夜の比較的早い時間帯に見やすくなる」のが7月後半〜8月頃なのです。8月なかばのお盆の時期なら、だいたい21時頃に見やすくなります。

気をつけたいのはの存在。天の川の淡い光は月明かりにかき消されてしまいます。月のない夜を選びましょう。上の写真は2014年8月、1年で最大の満月「スーパームーン」の夜に撮影しました。離島では月の明るさがよく分かります。

波照間のムシャーマ 2014年8月
波照間のムシャーマ 2014年8月

旧暦7月14日、波照間島では最大のお祭り「ムシャーマ」が執り行われます。旧暦の日付なので開催日は毎年異なり、8月開催が多いですが、9月になることもあります。2020年の開催は9月1日。

沖縄ではまだまだ夏の9月

2019年9月の那覇の気温データ℃
平均最高気温30.7平均最低気温26.1
最高気温33.4(9月1日)最低気温23.2(9月21日)
青が深い阿嘉島の港 2018年9月
青が深い阿嘉島の港 2018年9月

気温のピークは過ぎたものの、9月の沖縄はまだまだ夏です。「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句がありますが、沖縄では真実ではありません。秋分を過ぎてもなお最高気温は30度前後に達し、夜の最低気温も25度を下回らない日があります。

夏は台風のシーズン。もちろん9月にも台風はやってきます。こればかりはどうにもならないので、旅程と台風の接近が重なった時は「そういうこともある」と思って割り切るしかありません。

残暑の10月

2019年10月の那覇の気温データ℃
平均最高気温28.6平均最低気温24.2
最高気温31.8(10月17日)最低気温21.1(10月27日)
サザンゲートブリッジに沈む太陽 2012年10月
サザンゲートブリッジに沈む太陽 2012年10月

沖縄の10月は残暑。海水温は高く、盛夏の頃と変わらず海遊びができます。しかし季節は徐々に移り変わっていきます。新北風(ミーニシ)が吹くのもこの頃。海から上がった後、濡れた体に北風が吹き付けて、寒さを感じることがあるかもしれません。

私が一番最初に沖縄を訪れたのは10月でした。真夏のさすような強い日差しはなく過ごしやすいが、海はまだあたたかく普通に泳げる。それでいて夏のピークの頃よりも旅行代金が安く、比較的人も少ない。個人的には10月は沖縄のベストシーズンのひとつだと思っています。

秋めいてくる11月

2019年11月の那覇の気温データ℃
平均最高気温25.6平均最低気温21.0
最高気温28.7(11月3日)最低気温17.9(11月11日)
ペムチ浜に流れ着いた椰子の実 2012年11月
ペムチ浜に流れ着いた椰子の実 2012年11月

11月になると、さすがの南の島も秋めいてきます。昼はクーラーをつけたくなる時もあるものの、夜の気温は25度を下回り、過ごしやすい日が多くなります。

それでもまだ海はあたたかいです。水温は25度以上はあるので、私のように海好きの人ならば躊躇なく泳ぐことでしょう。暑さの引いた穏やかな浜辺ではビーチコーミングもオススメ。きれいな貝や、サンゴのかけらや、シーグラスを探してみてください。

北風が吹き、天気が悪い日も増えます。11月から12月にかけて長期滞在したことがあるのですが、夜に星を撮ろうと思っても、曇っていてなかなか思うように撮れませんでした。

日差しがやわらかい12月

2019年12月の那覇の気温データ℃
平均最高気温22.6平均最低気温17.8
最高気温27.5(12月17日)最低気温14.9(12月7日)
離島のクリスマス 2011年12月
離島のクリスマス 2011年12月

東京ではコートが必要な12月。一方沖縄では25度まで上昇する日もあり、日差しがあれば半袖で過ごせます。ただ冬全般に言えることですが、強い北風が吹く日は体感温度がぐっと下がります

冬至前後の沖縄の日差しはやわらか。海水温は25度を下回ってくるので、よほどの海好きでない限り泳ごうという気持ちは起こらないかもしれません(私は日差しがあれば泳ぎたい)。

奇跡的に撮れた12月上旬の南十字星 2011年12月
奇跡的に撮れた12月上旬の南十字星 2011年12月

梅雨明け以降しばらく姿を見せなかった南十字星が、再び夜明け前の空に上ってくるようになります。上の写真は12月上旬に波照間で撮影した南十字星です。水平線の左側、傾いた十字が分かりますか?

沖縄の夜明けは遅く、撮影した12月8日の日の出時刻は7時15分。写真の撮影時刻は1時間ほど前の6時18分で、空は明るくなり始めています。時刻的にはギリギリのところ、ギリギリ水平線上に顔を出した南十字星の全景をとらえることができました。

他の記事では、1月から6月の沖縄の気候についてご紹介しています。
【写真で見る沖縄の12ヶ月】1〜6月編を読む→

沖縄のベストシーズンについて、個人的見解は以下の記事から。
私が考える沖縄のベストシーズンは→

気温データ:気象庁

私が今使っているカメラ