ritoufan(離島ファン)

2020年6月21日夏至の夕方、南西諸島で深い部分日食が起こります。
> 島の話題

2020年6月21日夏至の夕方、南西諸島で深い部分日食が起こります。

タイトル通りです。
2020年6月21日、日曜日の夏至の夕方、日本の南西諸島で深い部分日食が起こります。

日本の全地域で太陽の一部が欠ける部分日食が見られますが、国内では南西へ行くほど大きく欠け、宮古・八重山の先島諸島では太陽面積の9割ほどが欠けます。台湾では金環日食です。

「離島ファン」であり「星空案内人」である私としては、見逃すわけにはいかない天文イベントです。
この記事で詳しく解説します。

2020年6月21日の日食

  1. 用語解説
  2. 記憶に残る近年の日食
  3. 2020年6月21日の日食 概要
  4. 2020年6月21日の日食 日本では
  5. 日本国内の陸地でいちばん太陽が欠ける場所は?
  6. どこで観察するか
  7. 日食観察に絶対に必要なもの

用語解説

皆既日食
皆既日食

月の視直径(見かけの大きさ)が太陽の視直径より大きく、月が太陽をすべて覆い隠す日食

金環日食
金環日食

月の視直径が太陽の視直径より小さいために太陽をすべて覆い隠すことができず、月からはみ出した太陽がリング状になって見える日食

部分日食
部分日食

太陽の一部分が月に隠される日食

中心食帯
中心食(皆既日食または金環日食)が見られる地域。詳細は後述。

記憶に残る近年の日食

日食といえば日本でも2009年や2012年に話題になりました。

2009年7月22日は、鹿児島の離島や小笠原諸島近海で皆既日食が起こりました。

2009年7月22日の皆既日食 母島沖
2009年7月22日、皆既中の夕暮れのような空(動画より切り出し)

私は小笠原諸島の母島に渡り、現地ショップの船に乗って中心食帯が通る洋上まで移動し、観察しました。小笠原近海は好天に恵まれましたが、鹿児島の離島は残念ながら悪天候だったと記憶しています。

2012年5月21日は、東京や名古屋、大阪などの人口密集地で金環日食が起こりました。

2012年5月21日、雲の隙間に見える欠けた太陽
2012年5月21日、三日月のように欠けた太陽

私がいた地域では天気が微妙だったのですが、中心食の時間帯、なんとか雲のすきまからリング状の太陽を見ることができました。

2020年6月21日の日食 概要

2020年6月21日、地球上の特定の地域では太陽がリング状に見える「金環日食」が見られます。

国立天文台の日食各地予報のページ では、過去や未来の日食情報を参照できます。実際に2020年6月21日の日食について調べてみましょう。

日食各地予報 (c)国立天文台

【1】「計算内容」を「2020/06/21 金環」に設定します。
【2】「食全体の状況を調べる」を押します。
【3】日食図を確認できます。赤い線内が日食を見られる範囲です

【4】今度は「中心食帯を調べる」を押します。同じく日食を見られる範囲がGoogle Map上で確認できます。地図を拡大すると、赤い範囲の真ん中を貫くように、3本の線が東西に通っているのがわかります。

中心食帯の説明

真ん中の線が中心線、上の線が北限界線、下の線が南限界線です。北限界線と南限界線にはさまれた範囲を「中心食帯」といいます。2020年6月21日の場合、アフリカ中央部に始まり、中東・アジア諸国を経て太平洋に抜け、グアム近海で終わる細い帯状の範囲が中心食帯になります。

2020年6月21日に日食を見られる範囲の中で、この中心食帯が通る限られた地域のみ、金環日食になります。それ以外の地域では部分日食で終わります

2020年6月21日の日食 日本では

2020年6月21日の日食では、中心食帯は先島諸島のすぐそばを通ります。
もういちど図をご覧ください。かなり惜しいのです。

2020年6月21日、先島諸島の近くを中心食帯が通る

中心食帯は台湾を通って日本の南海に抜けていきます。
残念ながら金環日食は国内の陸地では見られませんが、中心食帯に近い先島諸島では、太陽が大きく欠ける「深い部分日食」が観察できます

国内主要都市での見え方

先島諸島の前に、国内主要都市の見え方を確認します。2020年6月21日の夕方、国内では南西に行くほど太陽が大きく欠けます

2020年6月21日の日食 国内主要都市での見え方

先島諸島での見え方

那覇より南西、宮古・八重山の先島諸島では、太陽面積の9割前後が覆い隠される深い部分日食になります

2020年6月21日の日食 先島諸島での見え方

日本国内の陸地でいちばん太陽が欠ける場所は?

日本最南端の有人島「波照間島」です。 最西端の与那国島もほぼ同じくらい欠けます。

2012年の金環日食を覚えているでしょうか。あのときは太陽面積のおよそ88%が覆い隠されました。
一方2020年6月21日、波照間島では最大で太陽面積のおよそ92%が欠けます。金環食こそ見られないものの、太陽を覆い隠す割合で言えば2012年の金環日食を上回ることになります。

夏の夕暮れのニシ浜、波照間島
夏の夕暮れのニシ浜、波照間島

南の島、美しい海と砂浜、大きく欠けた三日月のような太陽。 どんな光景が見られるのでしょうか。

どこで観察するか

お住まいの場所から

2020年6月21日の日食 国内主要都市での見え方

部分食なら日本国内どこでも観察することができます。時刻は夕方頃。日曜日なのでお休みの方も多いでしょう。

心配なのが天気。本州付近はほぼ梅雨入りしていると思われます。雨や曇りでなければいいのですが…

先島諸島で

太陽の9割ほどが欠ける宮古・八重山の島々は、国内でもっとも条件のよい観測場所です
6月下旬は梅雨も明けていることが多く、本州付近よりは晴天に恵まれる可能性が高いです。

折しもこの日は夏至。ほぼ真上から照りつける太陽の日差しと、遅い日没も併せて体験できます。

以下、先島諸島の観測ポイントについて図と共に詳しく説明します。

宮古島・石垣島
2020年6月21日の日食 宮古島の見え方
2020年6月21日の日食 石垣島の見え方

先島諸島のメインアイランドである宮古島・石垣島は、日本各地から飛行機で訪れることができます。船に乗る必要がなく、宿泊施設も比較的数が多いのが利点。石垣島の方がより大きく欠けます。

与那国島
2020年6月21日の日食 与那国島の見え方

日本最西端の与那国島。那覇や石垣島から飛行機の直行便が出ていますが、便数も座席数も少ないので予約は早めが確実です。 観測場所は島の西端・西崎(いりざき)が良さそうです。「日本の最西端で大きく欠ける日食を見た」という実績を解除することができます。

波照間島
2020年6月21日の日食 波照間島の見え方

「離島ファン」イチオシの波照間島。「国内の陸地でもっとも太陽が欠ける場所」を求めるならここです。 観察場所はニシ浜が最適でしょう。沖縄の美しいビーチとして名高く、太陽が北西寄りに沈む夏場は夕日の鑑賞スポットになっています。

ニシ浜から見る夕日
ニシ浜から見る夕日

食の最大は17時16分頃。石垣島に戻る最終の船はすでに出港している時間なので、波照間で日食を見る場合は島に宿泊する必要があります。島の宿泊施設は限られるため、予定を立てたら早めに予約しておいた方がよさそうです。

石垣-波照間の交通手段は船しかなく、欠航リスクがある点も留意しておきましょう

海外で見るなら

私は「離島ファン」なので国内の離島で見られる深い部分日食に注目していますが、一般的な天文ファンは中心食帯の通る海外に遠征するでしょう。2020年6月21日の金環日食は日本から行きやすい場所でも起こります。

嘉義市(台湾)
2020年6月21日の金環日食 嘉義市の見え方

中心食帯が台湾の中南部を通っています。中心線が通る嘉義市では、すでに複数の天文関係機関がイベントの計画を進めているということです。

日本から台湾へはアクセスの選択肢が多く、東京からの飛行時間も3時間半ほど。日本の多くの天文ファンが訪れることと思います。

グアム
2020年6月21日の日食 グアム島の近くを中心食帯が通る

グアムでは金環食になりませんが、中心食帯がグアム島のすぐ南の洋上を通っています。

グアム島から船で観察地点まで行くツアーが企画されることを期待したいです。食の最大は日の入りの時刻に近いので、「金環日食&サンセット&星空体験クルーズ」といったツアーがあれば存分に楽しめそう。
台湾と同様、日本から行きやすいのが利点。

ちなみに2019年12月26日は、グアム島で金環日食が見られました

豪華客船のクルーズで船上から

プリンセス・クルーズが船上で金環日食を鑑賞できるクルーズを企画しています。

船は日本発着のクルーズでおなじみのダイヤモンド・プリンセス。9日間の休暇が確保できるならこちらもよさそうです。

大さん橋に停泊中のダイヤモンド・プリンセス
大さん橋に停泊中のダイヤモンド・プリンセス

2020年6月18日に神戸港を出港し、21日に船上で金環日食を鑑賞。その後、台湾の基隆・石垣島・那覇に寄港して神戸港に戻る、9日間のクルーズです。

Vixen(ビクセン)とのコラボによるオリジナル日食グラスプレゼントの他、国立天文台の縣秀彦先生によるセミナーも実施されるとのこと。各旅行会社から申し込みできます。

HIS 金環日食観賞! 沖縄・台湾リゾートクルーズ9日間

クラブツーリズムでは【東京発着の新幹線+クルーズ】のツアーも販売しています。
トップページの検索ボックスにある「さらに条件を追加する」を開き、キーワード検索に「金環日食」と入力して検索してみてください。

日食観察に絶対に必要なもの

太陽は直視すると目を傷めます。太陽の観察には専用の日食グラス(日食メガネ)が必須です。2009年や2012年で使った日食グラスが引き出しに眠っていませんか? 探しておきましょう。

新たに購入する場合は、安全面の信頼性が高いものを選びましょう。

Vixen(ビクセン)の日食グラス

私のオススメはVixen(ビクセン)の日食グラス。信頼性もさることながら、安価な日食グラスと違って太陽面が非常にきれいに見えます。太陽に肉眼黒点が出現したときもVixenの日食グラスで観察しています。見やすいです。

デザインもいろいろ。お好みのものを探してみてください。

私が今使っているカメラ