ritoufan(離島ファン)

【作例多数 星空撮影も】BCL-0980で離島の風景を撮る【コスパ最高の魚眼レンズ】
> カメラ

【作例多数 星空撮影も】BCL-0980で離島の風景を撮る【コスパ最高の魚眼レンズ】

数年前、オリンパスのフィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980(9mm F8.0 Fisheye)を購入しました。1万円以下で手に入る敷居の低さながら、非常に楽しく遊べるレンズです。

そんな方には特にオススメします。詳しくご紹介します。

BCL-0980

  1. フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 4つの特長
  2. OM-D E-M5 + BCL-0980の組み合わせで撮影した離島(+α)の風景作例
  3. フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980で動画を撮る
  4. フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980で星空は撮影できるか

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980 4つの特長

BCL-0980の特長を一言で表現すると、「コンパクトで携帯性に優れ、安価ながら魚眼の雰囲気を楽しめるレンズ」です。

一つずつ特長を挙げていきます。

特長1:軽量で薄く、携帯性は抜群

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980とLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0の大きさ比較
フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980とLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0の大きさ比較

重さは驚異的な30g
私が旅行のときにメインで使っているパナライカ(LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0)は320gなので、1/10以下の重さです。さらにボディキャップと銘打たれているだけあって薄い。まったくカバンを圧迫しません。

「邪魔にならないし、とりあえずこのレンズも持って行こう」と思わせてくれる軽さと薄さです。

特長2:ボディに装着した時の全体的なコンパクトさが魅力的

OM-D E-M5に装着したBCL-0980

マイクロフォーサーズシステムのアドバンテージの一つは、軽量コンパクトなボディとレンズによる機動力です。

自機OM-D E-M5にBCL-0980を組み合わせたときの重さはバッテリー・ストラップ込みで500g弱

レンズの出っ張りもなくスッキリとしたデザインで、全体的に非常にコンパクトです。肩から斜めがけにして人混みを歩いても気になりません。

特長3:安価ながら魚眼の雰囲気を楽しめる

魚眼を試してみたいと思っても、本格的なレンズは高価でなかなか手が出せません(一例として、オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PROは実売価格10万円前後)。

BCL-0980の実売価格は1万円を切り、気負わず購入することができます。

F8固定で対角線画角140度などPROレンズと性能の差はありますが、1万円以下で魚眼の雰囲気を楽しめるBCL-0980は非常にコスパの良いレンズだと思います

特長4:画質は十分満足できる

「ボディキャップレンズ」という名称からレンズ機能はオマケのようにも聞こえてしまいますが、画質は十分に満足できるレベルです。

実際に以下の作例を見ていただければと思います。
すべてF8固定、焦点距離9mm(35mm判換算18mm相当)です。ボディは初代OM-D E-M5です。

OM-D E-M5 + BCL-0980の組み合わせで撮影した離島(+α)の風景作例

波照間島の高那崎 2014年8月
波照間島の高那崎 2014年8月 1/320秒 ISO200

魚眼レンズで真っ先に撮りたくなるのは、海です。水平線を大きく歪ませることで「丸い地球」を演出できます。

南大東島の展望所から、さとうきび畑 2014年3月
南大東島の展望所から、さとうきび畑 2014年3月 1/400秒 ISO200

カメラを水平に構え、地平線を中央に寄せることで歪みを目立たなくし、広角レンズのように撮影することもできます。

波照間島の共同売店 2015年5月
波照間島の共同売店 2015年5月 1/200秒 ISO200 3:2にトリミング

風情のある石垣と共同売店の佇まい。

石垣港停泊中のフェリーはてるま 2014年8月
石垣港停泊中のフェリーはてるま 2014年8月 1/1000秒 ISO200

大きな船体を横から撮ってもすべて収まります。

東京タワー 2015年2月
東京タワー 2015年2月 1/160秒 ISO200

こちらは離島ではなく東京タワー。巨大建造物も足もとから収まります。大きな歪みも味。

北海道のアルパカ牧場 2014年6月
北海道のアルパカ牧場 2014年6月 1/100秒 ISO640

魚眼といえば動物の鼻先アップ写真。

硫黄島を出港 2014年4月
硫黄島を出港 2014年4月 1/400秒 ISO200

温泉成分で赤茶に染まった港と外海の境界。船の手すりと航跡が弧を描いています。

沖縄本島、那覇 2014年3月
沖縄本島、那覇 2014年3月 1/10秒 ISO1600

F8固定のレンズは暗い場所での手持ち撮影には不利ですが、カメラ本体の手ぶれ補正を使用することでブレを軽減できます。

北斗星の食堂車 2014年6月
北斗星の食堂車 2014年6月 1/3秒 ISO1600 3:2にトリミング

旅先で宿泊した部屋や、船内、車内など「室内の全体的な雰囲気」を記録として残しておきたい場合があります。そんな時にもBCL-0980は力を発揮します。

今はなき寝台特急「北斗星」の食堂車。
1/3秒で外の景色は流れていますが、車内のブレはほとんど目立ちません。

焼尻島の花 2015年6月
焼尻島の花 2015年6月 1/1250秒 ISO200

ピントを合わせるMFレバーは、無限遠・パンフォーカス・近接0.2mの3箇所で止まるようになっています。EVFの拡大表示を使いながら微妙なピント合わせも可能です。

南大東島のバリバリ岩 2014年3月
南大東島のバリバリ岩 2014年3月 1/40秒 ISO1600

縦持ちで撮影。手前の植物の葉脈がくっきりと見えています。背の高いダイトウビロウも一緒に。

奈良の大仏 2014年5月
奈良の大仏 2014年5月 1/10秒 ISO1600

アートフィルターのドラマチックトーンを使用。BCL-0980とアートフィルターの組み合わせはおもしろい画が撮れるので、つい多用してしまいます。

この記事でご紹介している他の風景写真はポップアートとの組み合わせが多いです。

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980で動画を撮る

以前BCL-0980で撮影した動画をYouTubeにひっそり投稿していたことを思い出しました。
画質はあまりよくありませんが、以下のリンクからご覧いただけます。

カメラを載せたゴリラポッドを自転車のハンドルにくくりつけて撮影しました。
湾曲しながら左右に流れていく景色が楽しい。

南北大東島名物「だいとう」クレーン乗船の様子を撮影した動画です。
広い画角が波に翻弄される「だいとう」と海の広範囲をとらえ、臨場感あふれるものになっています。

フィッシュアイボディーキャップレンズ BCL-0980で星空は撮影できるか

BCL-0980はF8固定で暗く、星を点像で写す撮影には不向きです。

しかし比較明合成で星の光跡を流す場合は、それなりに仕上げることができます。以下の作例をご覧ください。

BCL-0980で撮影したフクギの間に見える星空
フクギの間に見える星空 15秒×67枚 ISO800

空が暗い波照間島での作例です。15秒で撮影した67枚をphotoshopで比較明合成、露出補正、目立つノイズの除去などをして仕上げました。

かなりざらついていますが、スマホの小さな画面で見る分には問題ないかと思います。

BCL-0980で撮影した市街地の南の星空
市街地で撮る南の星空 6秒×145枚 ISO1600

空が明るい市街地での作例です。
photoshopで比較明合成、露出補正、色調補正、目立つノイズの除去など。

左下にある木の端から描き出された赤っぽい光跡は、さそり座のアンタレスです。

中央上の赤く太い光跡はうしかい座のアルクトゥールスで、撮影時の高度は72度ほどですが体感ではほぼ真上。広範囲の星空が写っています。

BCL-0980で撮影した市街地の北天日周運動
市街地で撮る北天の日周運動 6秒×281枚 ISO1600

撮影場所・画像処理は上に同じ。

目立つのは北斗七星。巨大なおおぐま座の全景が収まっています。右の明るい光跡はこと座のベガです。

市街地で撮影した2枚を見ると、比較明合成を活用した都市星景においては、BCL-0980も実用レベルにあると言えるのではないでしょうか。

【追記】OM-D E-M5 Mark III + BCL-0980で撮るISS

OM-D E-M5 Mark III + BCL-0980で撮るISS
OM-D E-M5 Mark III + BCL-0980で撮るISS 4秒×97枚 ISO1600

先日、初代OM-D E-M5からOM-D E-M5 Mark IIIに買い替えました。カメラ内でコンポジット(比較明合成)できるのがたいへん便利で感動しています。

改めてこのカメラとBCL-0980の組み合わせで、天頂付近を通過するISS(国際宇宙ステーション)を撮ってみました。いい感じです! F8固定のお手軽フィッシュアイレンズでもここまで撮れます。今後も色々試してみたいと思います。

私が今使っているカメラ